海外留学して自分を磨こう

>

客観的に物事を見る力

広い視野を持てる

大きな国では、様々な文化や考え方、価値観をもった人々が暮らしています。
日本国内でもそういった人は少なからずいますが、海外の方がスケールが違います。

そういった人たちと会話すると、自分や日本の友人たちとは違う考え方を知ることができます。
日本での固定観念が崩れる体験は、どうしても日本国内では味わうことができないものですから、とても貴重なものです。
私たちが当たり前と思っていることは、日本の中でしか通じないものです。
海外の人の考え方に触れることで、様々な感じ方や新しい発見ができます。
それは私たちにとっても、海外の人にとっても同じこと。
お互いの会話で、新たな発見ができることは、とても楽しく新鮮なものです。
そういった経験のために留学する価値はあります。

日本を客観的に見れる

様々な国の人と会話することによって、新しい考え方を知ることができるというメリットがあるのは前述したとおりです。
そして、それに加えて身につく考え方が、日本を客観的に見る力です。

留学は、その留学先の国を知るだけではなく日本を知ることでもあります。
日本で育てば、もちろん日本的な考え方や作法が当然であり、自分の軸となっています。
しかしひとたび世界を見ると、自分たちが正しいと思っていることが失礼なことであったり、逆に自分たちの作法が称賛されたりと、全く違う捉え方があるのです。
私たちは、もはや日本という島国だけで生きているわけではないのです。
広い世界と交流し、互いの文化を尊重しあう時代に私たちは生きています。
新たな世界を知ることで、改めて日本を客観的に見ることができ、良いところや悪いところを見つめなおすことができるのです。
帰国したときに、新しい日本観を見つけることができるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る